「響」映画ネタバレラストシーンまで見た感想

響

今回は映画『響』のネタバレ・ラストシーンまで見た感想をご紹介していきます。

「マンガ大賞2017」大賞受賞作品を映画化した作品になります。

監督は『となりの怪物くん』『センセイ君主』などを手掛けた月川翔監督です。

主演は欅坂46の不動のセンタ-平手友梨奈です。

平手友梨奈はテレビに出てもクールですよね。

今回の作品で監督に口出しをして構成を変えるという独特の感性の持ち主です。

役柄にドンぴしゃでした!

その他には、北川景子が演じる花井ふみや、小栗旬が演じる山本春平といった豪華俳優陣が出演しております。

それでは映画『響』のネタバレ・ラストシーンまで見た感想をご紹介していきます。

最後までお付き合いください。

映画『響』とはどんな内容

スマートフォンの普及により活字離れは急速に進み出版不況の文学界。

そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は「響」(平手友梨奈)。

15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので文学の世界に革命を起こす力を持っていた。

編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなりました。

しかし、響は普通の子ではありませんでした。

彼女は自分の決めたことを絶対曲げない。

世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができません。

響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家スクープの欲だけで動く記者や生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始めるのです。

一方、響の執筆した初めての作品は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していくのです。

 

出演者

 

  • 鮎喰響 : 平手友梨奈
  • 祖父江凛夏:アヤカ・ウィルソン
  • 神田正則:高嶋政伸
  • 田中康平 : 柳楽優弥
  • 鬼島仁:北村有起哉
  • 矢野浩明 : 野間口徹
  • 藤野弘 :小松和重
  • 大坪正人 :黒田大輔
  • 椿涼太郎 :板垣瑞生
  • 祖父江秋人:吉田栄作
  • 山本春平: 小栗旬
  • 花井ふみ :北川景子

 

映画『響』のネタバレ


凛夏の父でベストセラー作家祖父江秋人の新作が発売されたこと、そして『木蓮』の新人賞に『お伽の庭』が選ばれたことでした。

凛夏にも作家デビューの話が出てきます。

そのことで祖父江亭を訪ねたふみは、凛夏の友人を訪ねていた響と念願の出会いを果たします。

「お伽の庭」を読まずに批判する田中に対して怒ってパイプ椅子を振り上げてしまった。

この行動を動画として撮られてしまうのです。

響は芥川賞作家の鬼島友暴力行為を起こしていて、ふみと木蓮編集部は響の文才と釈迦性のなさとを秤にかけて悩まされてしまいます。

 

作家デビューを果たした凛夏ですが、初めての作品に対して自信を持てずにいます。

さらに「お伽の庭」を読んだこと、響から自作の感想を聞いたことで二人の仲が悪くなってしまいます。

芥川賞・直木賞の候補作が挙がる時期となりました。

工事現場での肉体労働をしながら芥川賞に執念を燃やす山本春平の新作「豚小屋の豚」も候補作に残るのですが話題は「お伽の庭」に人気が集まりました。

というのも芥川賞・直木賞に同時に選ばれたのです。

作品と作家響にマスコミの眼が集まり、昔撮られてしまった暴力行為が大きく報じられます。

しかし、その暴力事件に巻き込まれていた鬼島や田中は、響の資質と作品を切り離して「お伽の庭」を褒めたたえます。

結果は「お伽の庭」による芥川賞・直木賞の両方を受賞します。

 

授賞記者会見ではパニックを起こさないようにふみがすべてを代弁する形で進みましたが、ふみ自身を批判する質問者に対して響が暴走してしまいます。

開場を抜け出した響の眼の前に、受賞を逃し踏切の前で呆然としている春平を見つけます。

自死をするのではと考えた響は、春平より先に線路の中へ行きます。

春平は受賞を逃したショックも忘れて響に戻るように叫びます。

電車はギリギリのところで停車して大惨事は避けることが出来ました。

授賞式の騒動や書籍化についてでバタバタの編集部のふみに響から電話が入ります。

初版から100万部を行くという「お伽の庭」。

響はパトカーの中から電話をしていました。

命は助かりましたがダイヤを大きく乱した損害賠償額の高さを弁償することになり「お伽の庭」の初版印税で何とかなることになる。

やはり、いつもと変わらぬ済ました表情のままでした。

 

映画『響』を見た人の感想は

 

まとめ

 

映画『響』のネタバレ・ラストシーンまで見た感想をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

高評価の感想が多いですね。

平手友梨奈の演技も素晴らしく今後もほかの映画やドラマにも期待出来ますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。