「ブリーチ」映画ネタバレ最後まで見た感想をご紹介

ブリーチ

映画『ブリーチ』のネタバレ劇場で最後まで見たお客さんの感想をご紹介していきます。

原作漫画を知らない人でも、福士蒼汰・吉沢亮を始めイケメン若手俳優陣を見れば気になる人も多いですよね!

本作品は、原作を知らない人でも楽しめるようご案内していきます。
もちろん、原作ファンという方も、また違った『ブリーチ』と割り切ってみると楽しんでもらえると思います。
映画『ブリーチ』は間違いなくおすすめの映画になっていますので、ぜひ見て欲しい作品の1つです!それでは早速、映画『ブリーチ』のネタバレと最後まで見た感想をお伝えしていきます。最後までお付き合いください。

映画『ブリーチ』とは

「週刊少年ジャンプ」を代表する金字塔漫画「BLEACH」が実写映画化されたものです。

幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護は、死神を名乗る謎の女・朽木ルキアから力を譲り受け、死神を代行するハメになる。

家族と仲間を守るため、人間の魂を喰らう悪霊・虚死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていました。

その熱狂は国内にとどまらず、全世界で累計1億2千万部を突破する超ベストセラーとなっている。

「BLEACH」の魅力は何といっても、唯一無二のオリジナリティあふれる世界観ですよね。

人間が住む“現世”と、死神たちの尸魂界を舞台に、それぞれに宿命を背負ったキャラクターが縦横無尽に躍動し、ド派手にしてスタイリッシュな死闘が繰り広げられる。

最先端CGを実写と融合させ、前代未聞のアクション映画を創造した。

 

出演者

 

  • 福士 蒼汰
  • 杉咲 花
  • 吉沢 亮
  • 真野 恵里菜
  • 小柳 友
  • 田辺 誠一
  • 早乙女 太一
  • MIYAVI
  • 長澤 まさみ
  • 江口 洋介

 

映画『ブリーチ』ネタバレ

 

人間界でルキアをフォローするのは元死神の浦原で彼は尸魂界からの手がすぐに伸びてくると忠告します。

尸魂界では阿散井恋次と朽木白哉が、戻ってこないルキアの存在を危惧していました。

無理やり死神の修行に付き合わされる一護、その彼の前に次とクラスメイトの雨竜が現れます。

恋次はルキアの真の標的は、グランドフィッシャーと凶悪なホロウであると語ります。

 

一方、雨竜は、自分が滅法師と呼ばれる一族の末裔で、死神にと対立していることを語ります。

その時、一体のホロウが出現、苦戦しながらもこれを倒す一護の姿を見てその隠された能力の高さを感じさせられます。

そこに恋次を従えた白哉が姿を現しました。

白哉は次の満月までに一護を殺し、死神の能力を奪い返すように言い放ちます。

改め三者で話し合いの場を持つ白哉、恋次、ルキア。

ルキアは一護はグランドフィッシャーを呼び込むいい餌になるといって、一護の利用価値を語り存命を求めます。

その話を聞いた一護は、修業を再開して自身がグランドフィッシャーを倒すことを宣言。

ルキアは直近の17日に、グランドフィッシャーが現れると予測します。

しかも偶然なのか、その日は一護の母の命日だった。

 


その日、墓参りに向かう中、一護の霊力に惹かれてグランドフィッシャーが襲来。激闘が始まります。

そのまま町中になだれ込む一護、ルキア、グランドフィッシャー。

織姫や茶渡をも巻き込みながらも、雨竜のサポートもあってグランドフィッシャーを倒す一護。

ボロボロになりながらも、グランドフィッシャーを倒した一護の能力を認めながらも、掟を守るために恋次と白哉は一護に襲いかかります。

大苦戦の一護だったが、その能力の一端を発動した一護は恋次を圧倒します。

しかし、その力も白哉には通用しませんでした。

 


白哉の前にルキアが現れ、一護の止める声も聴かずに、死神の能力を強引に一護から奪い返します。

死神としての姿を取り戻したルキアは、一護から死神だったころの記憶を消し去り尸魂界へと戻っていきます。

ルキアの存在、自分が死神であったことを忘れているはずの一護。

しかし、どこかでルキアの存在を感じる一護。

ふたたび二人が虚<ホロウ>に立ち向かう日々が戻るのか?

 

映画『ブリーチ』最後まで見た人の感想

 

まとめ

 


映画『ブリーチ』のネタバレ劇場で最後まで見たお客さんの感想をご紹介してきましたがいかがでしたか?

福士蒼汰や杉咲花などのアクションや殺陣も凄くカッコ良く、素敵です!

原作を知らないけど楽しめるの?と思う人もいるかもしれませんが、原作ファンはもちろん、知らない方でも楽しめる作品です。

どうぞ劇場にてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。