「検察側の罪人」映画結末ネタバレ最後まで見た感想をご紹介

検察側の罪人

映画『検察側の罪人』のネタバレ最後まで見た感想をお届けいたします。

小説の検察側の罪人を映画化したものになります。

小説を見ていない方でも木村拓哉や二宮和也など豪華キャスト陣を見れば気になるかがたくさんいらっしゃると思います。

もちろん、原作ファンという方もまた違った「検察側の罪人」と割り切ってみるととても楽しめると思います。

今回は誰もがご存知、木村拓哉が主演になります。

この方はドラマにしろ高視聴率をたたき出す俳優さんになります。

映画『検察側の罪人』は間違いなくおすすめの映画になっていますので、ぜひ見て欲しい作品の1つです!

それでは早速、映画『検察側の罪人』ネタバレと最後まで見た感想を最後までしっかりとご覧ください!

映画『検察側の罪人』の内容


殺人事件が都内で発生し、犯人の詳細は不明。

その難事件の担当をすることになったのが東京地検の刑事部の中でエリート検事の最上と刑事部に配属されてきた新米の検事沖野であった。

最上は多くの被疑者の中から一人の男に狙いを定め追い詰めていく。

その男の名前は松倉です。

過去に時効を迎えてしまった未解決事件の殺人事件の重要参考人だった人物だったのです。

最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を注ぐのだが、松倉は犯行を否認し続け一向に手ごたえが得ることができない。

やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始めてしまう。

最上は犯行をしていない松倉を犯人にしたてようとしているのではないかと疑い始める。

お互いの正義を賭けて対立する二人の検事。

彼らの戦いに待ち受けていた決着はいかに・・・

 

映画『検察側の罪人』の出演者

 

  • 最上毅・ 木村拓哉
  • 沖野啓一郎・ 二宮和也
  • 橘沙穂 ・ 吉高由里子
  • 丹野和樹・ 平岳大
  • 弓岡嗣郎 ・ 大倉孝二
  • 小田島誠司・ 八嶋智人
  • 千鳥 ・ 音尾琢真
  • 前川直之 ・ 大場泰正
  • 青戸公成 ・ 谷田歩
  • 松倉重生 ・ 酒向芳
  • 高島進・ 矢島健一
  • 桜子・ キムラ緑子
  • 運び屋の女 ・ 芦名星
  • 最上奈々子・ 山崎紘菜
  • 諏訪部利・ 松重豊
  • 白川雄馬 ・ 山崎努

 

映画『検察側の罪人』のネタバレ

 

法曹界を目指していた最上の同期には、東京地検からの取り調べを受ける可能性の高い政治家丹野もいました。

丹野と密会し、助言を与えていた最上は正義の不在を感じます。

警察側にも松倉の過去を知る人間がいて、捜査も松倉の犯行ではないかと捜査を始めています。

沖野もそれに追随していくのです。

しかし、橘は松倉の過去の過ちにとらわれるあまりに、捜査陣が自ら流れを作っているのではと危惧します。

最上は諏訪部を使い、松倉を他の事件で逮捕の証拠をつかみ、松倉を逮捕・勾留することにします。

検察側で取り調べを担当するのは沖野でした。

本来の逮捕の案件ではなく老夫婦殺害の犯人として追及していきます。

 

 

松倉の過去の事件をネタに揺さぶる沖野に対して、可視化・録音を切ることを前提に荒川の事件は犯人だったと自白しました。

このやり取りを聞いていた最上は松倉への憎しみを募らせるのです。

松倉の時効が過ぎた荒川の事件の犯行を自供したことで最上、丹野らは、時効という壁で下されなかった正義の鉄槌の存在を悔やむのです。

そのころ、事件の捜査では意外な展開がありました。

一度は重要参考人に名前が挙がった男が、お酒の席で事件の自慢話をしていたという情報が入ります。

自身の政党と政権の不正を暴こうとしたものの、逆に罠にはまり進退窮まった丹野は自ら命を絶ちます。

その丹野の決断を知った最上は無理にでも松倉に正義を執行するため、諏訪部を使って弓岡をかくまうと騙して連れ出し、箱根の別荘地で弓岡を殺害します。

かつて自身の正義に固執した検事は犯罪者になると語った最上が自らその道に進んでしまったのです。

その姿を見て沖野と橘は検察を離れます。

 

 

二人はひそかに松倉の国選弁護人に情報を送り結果的に松倉は釈放されます。

松倉に謝罪の意思を示しに来た沖野に対して、松倉は本性をあらわにして暴走し橘が怪我をしてしまいます。

後を追った沖野の眼の前で暴走した車が松倉を跳ね飛ばします。

むろん偶然のことではなく、諏訪部の手によるものでした。

後日最上の祖父の別荘に招かれた沖野はその眼の前に丹野から送られてきた汚職の証拠を見せ付ける。

最上は自身への疑念を捨てて、改めて正義の執行者になろうと沖野を誘うが沖野はこれを断り、かつて師弟関係にも似た関係を持っていた二人が決裂した時でした。

 

映画『検察側の罪人』を見た人の感想

 

映画『検察側の罪人』を見た感想

 

二宮さんの間髪いれない台詞の演技が光っていました。

内容は重いがみんな本当に実力ある方々の映画だと思いました。

正当に逮捕された犯人が罪を償い、松倉は考えてるうちに最上のサワベさんへの最後の睨みが切なかったしキュンとなりました。

また見に行きたい作品の一つです。

 

まとめ

 

映画『検察側の罪人』映画結末ネタバレ最後まで見た感想をご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

小説の内容を知らないけど楽しめるの?と思う人もいるかもしれませんが、原作ファンはもちろん知らない方でも楽しめる作品です。

のめり込んでしまう、最後まで気が抜けない作品になってるかと思います。

まだ、ご覧になっていない方は劇場にてご覧ください。

劇場にてお待ちしております(笑)

最後までお付き合い頂きありがとうございました。