SUNNY 映画の日本版 ネタバレ最後まで見た感想と挿入歌までご紹介

sunny

今回映画『SUNNY』の日本版 ネタバレ最後まで見た感想を紹介していきます。

90年代の物語になり転校してきた阿部奈美(広瀬すず)がギャルグループの「SUNNY」の仲間に入る。

グループ内では泣いたり笑ったりと楽しい思い出。

大人になりみんなバラバラな人生を送る中で伊藤芹香が病気になり余命宣告され、阿部奈美(篠原涼子)にみんなに会いたいと相談してみんなが集まって励ましあう友情の物語です。

それでは映画『SUNNY』の日本版 ネタバレ最後まで見た感想を紹介していきます。

最後までお付き合いください。


映画『SUNNY』のあらすじ


コギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春謳歌した女子高生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、20年以上が過ぎそれぞれが悩みを抱えている大人になっていました。

専業主婦の奈美は久しぶりにかつての親友・芹香と再会をする。

しかし、彼女は末期がんにおかされていた。

「死ぬ前に、もう一度みんなに会いたい」

芹香の願いをかなえる為奈美が行動を起こすのです。

裕子・心・梅・・・かつての仲間は芹香の前に集合する事が出来るのか。

夢と刺激で溢れていた高校時代とかつての輝きを失った現在の時代が交差する物語。

最後には「強い気持ちと強い愛」によって予想もしていなかった感動を巻き起こす。

 

出演者

 

  • 阿部奈美:篠原涼子
  • 阿部奈美(女子高生時代):広瀬すず
  • 裕子:小池栄子
  • 心:ともさかりえ
  • 梅:渡辺直美
  • 藤井渉:三浦春馬
  • 中川:リリー・フランキー
  • 伊藤芹香:板谷由夏
  • 新井:新井浩文
  • 梅の兄:矢本悠馬

 

挿入歌

  • SWEET 19 BLUES 安室奈美恵
  • やさしい気持ち Chara
  • ぼくたちの失敗 森田童子
  • 強い気持ち・強い愛 小沢健二
  • survival dAnce ~no no cry more~ trf
  • Don’t wanna cry 安室奈美恵
  • EZ DO DANCE trf
  • これが私の生きる道 PUFFY
  • そばかす JUDY AND MARY
  • LA・LA・LA LOVE SONG 久保田利伸
  • CANDY GIRL hitomi

 

映画『SUNNY』ネタバレ

 

奈美をかばったのは誰?

高校生の時東京に転校してきました。

しかし田舎から出てきた奈美はコギャルだらけの女子高では浮いた存在でした。

みんなからいじられる対象になっていた奈美をかばったのが芹香をリーダーにするグループでした。

このダンスグループは大会へエントリーする時に「サニー」と決めました。

田舎者ではあるものの純粋さを失わない奈美はマスコット的な立ち位置でグループに溶け込んでいました。

奈々は奈美にそっけない態度を取っていましたが、それは本音の裏返しで互いにないものを持ちっている奈美と奈々の距離も近づいていきました。

そしてダンス大会の当日現代の奈美に中川から心の現状が報告されます。

心は美容院を経営していたが夫のDVと自身アルコール依存症で今は水商売の身となり五歳の娘とも離ればなれの生活を送っていました。

全てをやり直すように心を諭す奈美の言葉に心も返す言葉がありませんでした。

そして奈美のもとに恐れていた悲報が起きたのです。

 

90年代ー

ダンス大会当日薬を使用した同級生に襲い掛かられた芹香をかばった奈々はその美貌の顔に傷を負ってしまいました。

ダンス大会に出場機会を失いその後全員で顔を合わせることはなくなりました。

やがて奈々は学校もやめモデルもやめて全員の前から姿を消しました。

芹香の命はサニーが全員揃うまで保ちませんでした。

そこに現れた中川は、芹香からの遺言を伝えます。

死後、芹香は90年代のコギャル時代の自分たちの写真を、大手新聞の一面広告に載せそれを見た心が葬祭場にやってきました。

芹香は奈美に次のリーダーを託し、サブリーダーを裕子に据えました。

心には自身の住まいを与えアルコール依存症への依存解消プログラムを受けるお手伝いをして済ませていました。

このプレゼントには一つだけ条件が付いていました。

その条件とはあの日踊れなかったダンスを踊るという事でした。

そして、葬祭場には小沢健二の『強い気持ち・強い愛』が流れます。

以前から練習をしていて筋肉痛を気にしながらも4人は思い切り踊ります。

精一杯踊り切った4人の後ろに現れたのが今も美貌の持ち主の奈々でした。

 

映画『SUNNY』を劇場でみた人の感想

まとめ

 

映画『SUNNY』 の ネタバレ劇場で最後まで見た感想を紹介させていただきました。

いかがでしたか?

劇場にて映画を見た人の感想をお伝えしましたが、ほとんどの方が「感動した」「泣いた」などの数多くの感想がありました。

韓国版も出ている中で高評価なのは素晴らしいことですね。

自分も感動し涙が出てしまいました。

歳をとると友達との会う機会がほとんどなくなってしまうんですよね。

友情に熱い映画『SUNNY』はヤング世代からアダルト世代まで幅広い世代の人が見ても面白い映画です。

ぜひ劇場にてご覧ください。

最後までお付き合いありがとうございました。